佐久間工務店|千葉県稲毛区の工務店 注文住宅からリフォームまで佐久間工務店

佐久間工務店】 千葉県稲毛区の工務店 注文住宅からリフォームまで

043-254-4511 お問い合わせ

MENU

お家の地震対策、完璧ですか?

 



基礎がガッチリ固定されているが地震の度に金物や

ボルトがどんどん緩んで行きます。

そのため、地震と共振しやすくなり、場合によっては

倒壊する可能性があります。

 

 

建物に制震装置を設置し、粘り強くする事に

よって揺れ幅や損傷を減らし、たび重なる

地震にも建物が緩みません。

 

 

基礎に免震装置を設置し、滑らせることで建物に

地震力を伝えません。

家に損傷を与えず家具も倒れません。

ただし、膨大な費用がかかります。

 

もっと詳しく知りたい方へ

クリックすると、大きな画像でご覧頂けます。

耐震・免震・制震

制震構造の現状

超制震住宅1

超制震住宅2

他社との比較

耐震・免震・制震

制震構造の現状

超制震住宅1

超制震住宅2

他社との比較

地盤改良 HySPEED工法

 

地盤改良 HySPEED工法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地盤改良 HySPEED工法

 

 

地盤改良 HySPEED工法

 

協力業者様ご紹介

協力業者様ご紹介

協力業者様ご紹介

協力業者様ご紹介

耐震セイフティ工法

木造建築の構造材を一体化し耐震強度を図れる唯一の手段です。

木造建築は天然木材を組み合わせる伝統的な技術のなかで造られています。しかし、地震による強度対策は弱点が多く、未解決のまま見過ごされているのが現状です。木造建築の強度をささえているのは構造です。耐震性を守るには、構造材(土台・柱・横架材・梁・桁など)の一体化を図らなければなりません。
また、既存住宅は長年の間、木材の乾燥・地震や台風の揺れで、木材と木材の接合部分が緩み、強い地震に耐えることができません。

 

「耐震補強研究所」の推奨する「耐震セイフティ工法」では、財団法人、日本住宅・木材技術センターのZマーク同等認定を取得した耐震補強三角火打ち金物によって構造材の一体化を図り、木造建築の耐震補強を実現します。

 

 また、財団法人「日本建築防災協会」の開口耐力壁等の技術評価を取得した「耐震セイフティ工法」を用いることで、「既存の開口壁」を「開口耐力壁」に改善することが可能となり、より高い設計自由度を確保すると共に、開放感と安全性を両立した木造建築をユーザーへ供給することが実現します。「耐震補強研究所」では、これらの「耐震セイフティ工法」を全国の優良工務店に紹介・推進することで、住む人の安全と財産を守る魅力のある耐震木造建築を供給しています。


詳しくはこちら 

地震の観点から木造建築の構造を考えると、「木材の断面欠損」。「梁や横架材の継ぎ手や接合の位置」等の諸問題、また「採光や風通しを優先し窓が多く筋交いが取り付けられず、耐力壁が少ない家」、そして直下型地震の強い突き上げ震動による土台から柱や筋交いの引き抜け」による倒壊が考えられます。これからの課題を解決する耐震補強の実現が求められます。

  

  

佐久間工務店企画住宅シリーズ 間の間 あいのま
ページトップへ